プロフィール

ガウンランド

Author:ガウンランド

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンクについて

このブログをリンクに追加する

↑と、しているので、もちろんリンクフリーです。
こんなブログでよければご自由にお貼りください。

また、「トラバしてもいいですか?」ってな問い合わせもあるのですが、コレも気にせずおこなってください。
ただしこちらで判断して消す場合もあります。
「言及リンクを含まないトラックバック制限」してありますので、あしからず。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

航海日誌
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
飛天story 第11話
これはオンラインゲーム、飛天onlineでの、某キャラクターの独り言(物語)である。

この物語は飛天onlineの中で実際に起こった出来事、
もしくはオレの頭の中で作り出した出来事
その両方を組み合わせてつくった、架空の物語である。

アプデがなかなか終わりませんなぁ・・・
ず~っと待っている方、
この物語でもお楽しみください・・・・



オイラには力が必要だ。
そう、あやさんが・・・・・
あの華奢な、あやさんがオオトカゲを
一撃?で葬る力を超えなければ・・・・

男としてのプライドもあるし、
なんといっても、
姐さんを護ることにおいても、力は必要である。

そう思ったオイラは、
なにを思ったか、傭兵志願をしたのだった。

青海湖盆地にある、傭兵を束ねている長に志願した。

結構安い値段で、武器を提供してくれるので、
このまま、この武器を使い・・・・・
って思ったが、やっぱり本来の目的に戻った。

近くにいる、牛豚を
これでもか!これでもか!!
ってくらい、いやになるくらい、
くまごろうと倒して、長の下に戻ってみると
あっさり、傭兵志願を受け入れてくれた。

これで、オイラも、晴れて傭兵になれたのである。

オイラは生まれついて体が人並みはずれてでかいから
剣を振りまわすより、長い棍棒で力の限り
相手をぶちのめすほうが、性に合っていた。

で、しばらくは、傭兵の長?にもらった棍棒を使っていたのだが
牛豚や、ウツボ草をたたいているうちに

ぱっき~ん

れいによって、例のごとく、
棍にヒビがはいった。

オイラの力任せの戦い方が原因なのか・・・?

そのときに、力を貸してくれたのが、
やっぱり、あの、あやさんだった。

どこから聞きつけてきたのだろうか、
オイラに贈り物をしてくれたのだった。

軽くて丈夫や鎧と、それから長い槍。
さすが、人族、モノを作らせた器用なのである。

傭兵の人にはトマホークみたいなのをつかっている人もいるのだが
オイラにはいまいち使いにくかった。

それをわかってくれたのだろうか?

棍棒とそれほど扱いがおおきく変わらない槍を
オイラにくれたのだ。

あやさんにほれそう・・・・・
いや!オイラは姐さんひとすじだ

その代わりといってはなんだが、あやさんの依頼をいくつかこないした。
なんでも、城にいるジジイがあやさんをこき使っているという。

「はりねずみがもっている‘実’を所望している」
っていって集めたら、その次も
「はりねずみがもっている‘実’をもってこい」
って

「トカゲの干物を所望している」
っていって集めたら、その次も
「トカゲの干物をもってこい」
って

もう、いやがらせの状態だということだ。

オイラはしばらくの間、
あやさんの下僕として働くことにした。

いや、これはオイラのステップアップとしての
いや、レベルアップの階段だと思っている。



【閉じる】
スポンサーサイト
スポンサーサイト
//-->
韓国付け

年末になり、実家に帰ってきた。
ゆっくりとテレビでも見てすごしたいと
思っていたのだが・・・・

朝から晩まで、ず~っと、オレの理解不能な
言語の番組(ドラマ)がかかっている。

まぁ半分はオレの責任でもあるのだが・・・・・
というのも、「冬ソナ」とかいうDVDをプレゼント?した
という経緯もあるのだ。

それ以来、いろんな、ありとあらゆる?
韓流ドラマというのを見ている(らしい)

「この人は、‘ちゃんぐむ’にも出よって・・・」

って話しかけられても、オレには理解不能であるわけだし・・・・


また、そんなに機械使うのが、得意ではない、母親が
HDDレコーダーも使いこなしている。

キーワード検索して、録画して、
CMカット編集して、DVDに保存している。

で、その保存したDVDを一日中飽きることもなく
とっかえひっかえ見ているのである。


まぁ元気が良いのは、いいことだが・・・・
ドナルドって何人いるんだろう。

また今日もドナルドネタである。

「ドナル度チェック」では、
そこまで気がつきませんでしたが・・・・

コメントにあったご指摘どおり
CMからイベント?まで
一人でこなしているとは思えないし…

昔っから出ているんだろうから
どこかで若返りとかも
しないといけないだろうし

ミッキーとは違って、一応、顔が見えるし、
誰でも良いってことないと思うんだが・・・

どういう基準でオーディションしてるんだろうね。
ドナル度チェック
マックに行った時のことだ。

トレイにひいてある紙。
いろんなパターンがあるようである。

オレが出くわしたのは
「ドナル度チェック」
ってやつ。

ドナルドが好きなことが7つ書かれてあって
いくつ該当する?
ってな内容である。
その中の項目のひとつに

「オシャレが好き」

ドナルドはいろんな服を持ってるんだ。
サッカー、野球、バスケのユニフォーム。
それから、タキシードも!キマってるでしょ?


って、あんた
赤・白の縞の服と
黄色のジャケットってのは
全くかわんねぇんだから
オシャレでも何でもないと思うんだが


061222_1109~0001.jpg
飛天story 第10話
これはオンラインゲーム、飛天onlineでの、某キャラクターの独り言(物語)である。

この物語は飛天onlineの中で実際に起こった出来事、
もしくはオレの頭の中で作り出した出来事
その両方を組み合わせてつくった、架空の物語である。

あやさんが危ない。
オイラは後を追ったのだったが・・・・

予感は的中していた。

あの巨大なトカゲが姿を見せていた。

あやさんが危ない。
しかしオイラが行って、なにができるだろう。
しずかさんみたいに、ヤツを足止めする術など持っていないのだ。

だが、あやさんが襲われているいじょう
オイラが何もしないわけにはいかない。

あやさんが逃げ出す時間を作るだけでもいい
体を張っても、そうすべきであると思った。

オイラは無我夢中で走っていた。
そして、視界に、オオトカゲがあやさんに
襲い掛かる姿が見えた。
あやさんは、オオトカゲの恐怖に足がすくんで
動けないのだろうか、
眼前で微動だにしなかった。

だが、次の瞬間。

「廬山昇竜覇!!」

あやさんの放った、必殺の一撃が命中し、
オオトカゲはそのまま力なく、バタリと倒れたのだった。

オイラがあやさんと倒れたオオトカゲのところまで
走って近づくと、あやさんは

「ぶぃ!」

と、のん気にピースサインなんてものをしてきた。

「あのぉ・・・・」

オイラがぽかんとしていると、

「なにか、忘れ物?」

と、あっけらかんに聞いてくる。

「いや、そうじゃなくて、大丈夫ですか?
オオトカゲに遭遇したら、危ないんじゃないかって
思って、知らせようとして・・・・」

「うん、見てのとおり大丈夫だよ。
まっ万全の状態でくれば、このとおり、楽勝っ!」

そうか、以前、しずかさんと話をしたときに言っていた。
オオトカゲを楽勝で倒すことのできる知り合いって
あやさんのことだったのか・・・・

しかし、どうして、この華奢な体つきで
あんな、どでかい相手を倒す事ができるのだろう・・・

オイラは改めてあやさんの頭のてっぺんから、
足のつま先まで眺めた。
彼女のないすばでーは全身凶器なのである。
注意しておかなくてはならない。



【閉じる】

テーマ:飛天online - ジャンル:オンラインゲーム

猫アレルギー

年末、実家に帰るのがちょっぴり憂鬱。

別に親が嫌いとかではない。

実は実家に猫がいる。
というか、兄弟姉妹がつれて帰ってくるのだが・・・・

どうもオレは猫アレルギーらしく、
昨年帰ったときに、激しく発病した。
入院までするはめになったのである。

やっぱ、ナイーブなオレ・・・・・・


「つれて帰ってくるな」
とも言えないし。

ちょっぴりストレスなのである。


さて、こちらをご覧ください。

ねこたのおくりもの」ってらしい。
(強引に猫つながりね。)

意味わかんね~

でも途中ででてくる、粘土みたいなのを
ちょこっとずつ形変えながら
人形劇?みたいなヤツってのは
作ってみたいなぁとか思ったことあるのだ。

まぁ粘土じゃなくて、普通の?置物とかを
角度変えたり、ふきだしつけたりして
撮るのも(編集)面白いかなぁ・・・・・

ちょっとこんど挑戦してみようかなぁ。

ちなみに・・・・
続き?があるようである。

第2弾1月5日リリース予定(犬と猫が主人公のアニメ)、
「犬だって猫だって」

第3弾1月16日リリース予定(カナバングラフィックスが制作している)
「キックおでん」

だって。
第3弾のタイトルは想像でけへん。

「関西発の動画CM」ってことだけど、
やっぱ関西の感性にはついてけないと思うのだった。



【閉じる】
飛天story 第9話
これはオンラインゲーム、飛天onlineでの、某キャラクターの独り言(物語)である。

この物語は飛天onlineの中で実際に起こった出来事、
もしくはオレの頭の中で作り出した出来事
その両方を組み合わせてつくった、架空の物語である。

さてさて、前回のお話では
オイラと熊の共同生活が始まったのであるが、
果たしてその後はどうなったのか・・・・・
熊の名前は

「くまごろう」

なんて、単純明快なんだろう。

オイラと姐さんとの愛の結晶・・・・・
いや、そんな深い意味はないです・・・・・

オイラは姐さんに託されたこの、くまごろうを一生懸命世話していこうと思っています.


オイラはくまごろうと一緒に狩りに来ていた。
こいつはなかなか使えるヤツである。
多少のモンスターの攻撃もはじき返すこともできるし、
パワーもかなりある。
だが、ときどき気力が空回りしていることもある。

くまごろうの力も借りつつ、オイラは
今まで以上、なおいっそう仕事?に励んでいた。
もちろん言うまでも無く仕事というのは
姐さんの露店に並べる商品の確保である。


オイラたちは一休みをしていた。
この場所は、以前、しずかさんと焚き火を
囲んでいた場所である。
あの事件以来、オイラはこの場所から、
奥地へ進入することは控えていた。
また、同じような目にあってはたまらないし、
今度も運良く、女神さまっ・・・・
いや、しずがさんが通りかかるとも思えないからである。

オイラはゼリーを、
そしてくまごろうにはクッキーを与えて
一緒に、おやつを食べていた時のことだった。

「おーい、やっほ~」

丘を越えて、人影がやってくるのが見えた。
あやさんである。
いつもながらに、ないすばでーである。
が、今日はイデタチが違った。
いつもはピンク色の可愛らしい服を着ているのだが、
今日は、戦闘体勢ばっちりな、戦甲を着込んでいた。

城から離れるとモンスターもいて、
それなりに装備も充実してなくては、
危ないもんなぁ・・・・
でも、いったい、こんな場所に
女性が一人で何をしに来たのだろう?

あやさんはオイラの近くまで来ると、
焚き火のそばに腰を下ろした。

「くまくん、こんにちわ。」

くまごろうもなんだかご機嫌である。

「こんなところで、狩りしてるんだ・・・」

「えぇ、この辺のやつらが精錬に必要なものって
結構もってるらしくて。
ところで、あやさんはどうしてこんなところに?」

オイラは尋ねてみた。

「あぁ、あのね、この先のヴァルナの谷の近くにある
鉱山で結構いいものが採れるって聞いてきたのよ。」

どうやら、あやさんも精錬の材料集めらしい。


しばらく、二人でたわいもない話をしたあとに、

「じゃぁ、わたし行くね。」

そういって、あやさんは谷の方に向かって行ってしまった。

その後ろ姿を見送りつつ、オイラはふと気がかりなことを思った。

あやさんはあのオオトカゲのことを知っているのか?
もしかしてオイラみたいに、不注意でヤツの巣の近くを
通ってしまったら・・・・・・

オイラは、急いで荷物を取り上げると、
「くま、いくぞ」
といって、あやさんが見えなくなった方向に急いだのだった。




【閉じる】
ノートが欲しい

帰省のこの時期、新幹線とか電車等での移動中に
暇なんで、ノートPCが欲しい。

ポータブルDVDプレイヤーとかも考えたけど、
やっぱ、それだけじゃぁもったいないし。

で、今、富士通パソコンがWEB MARTでキャンペーンをやってるらしい。

「FMVカスタムメイド」
だって。

すでにPCって書いてるから、内容はなんとなく
想像できるけど、
これがジャンル書いてなくって

「カスタムメイドモデルキャンペーン」

って書くと
‘メイド姿のモデルさんをカスタムできるのか?’
って、誰も思わないですよね。

一度はメイド喫茶に行ってみたいと思っているオレでした。

ってな余計な話はおいといて・・・・


この中なら、やっぱ、LOOX Tでしょう。

fujitsu.jpg\\

なんたってワンセグチューナーもついてるし。


まぁ色はオレとしてはどうでもいいんだが、
女性とかなら、「ピンクちゃんがいい」とか言うんだろうなぁ・・・・

標準のバッテリで約8時間も持つの?
だったら、在来線から、新幹線、そして帰り着くまでの
バスの間、ずっとつけててもOKってことじゃん。

まぁ理論値?なんだろうけど。

で、オレ好みでチューン?してみたが
244,300円だって。

やっぱ高い。
誰か買って~。



【閉じる】
シューティングゲーム

オレってシューティングゲームって得意じゃないんだなぁ・・・
反射神経が欠けてるっていうか。
アクションとかも駄目で。

ここで時々話しを書いている「飛天online」でも
キャラを動かしながら、戦わないといけないんだが、
それでも、うまくいかないときもあり
ついつい、マウスにあたってしまうことも・・・・・


そんなオレだが、

3Dアクションオンラインシューティングゲーム

ってのをちょっとやってみた。

specialforce.jpg

スペシャルフォース

ってヤツである。

ゲーセンとかではこの手のゲームはやったことあったけど
まぁその時もてんで、駄目な結果だった。

なので、結果は惨憺たるモノである。


まあこれで、さび付いた反射神経を少しでも
磨ければ・・・・と思うのであるが・・・・
果たして!


仮面ライダー


現在放映中の仮面ライダー「カブト」

天の道を往き、総てを司る男!!

ってヤツです。

オレは(この年になっても)毎週見てます。
休みの日で朝起きるのがつらいんだけどね・・・・(ばく)

今日はそれに関連した?ネタを。

面白いサイトを見つけた

カブトの準?主役のガタックに変身する加賀美新がCMやってるよ。
「ステーキのどん」「フォルクス」だって。

don.jpg

そういや、以前、デカレンジャーも牛角のCMやってたっけ?

ナレーションもおもしろい。


仮面ライダーガタックの加賀美新は大忙し。
闘いの後は、ステーキのどんでアルバイト。
そんなある日、お店で同時に
2人の女性客から呼び止められた。


さぁ、どうする!
加賀美どうするぅ!!

ってな展開だけど。

もちろん迷わず。
ガタックに変身して「クロックアップ」すればいいじゃん。
ってオレは思ったのだが・・・・・
続きのCMは投票で決まるらしい。
皆さんも清き?一票を投じてみてはどうだろう。

ちなみに、オレの予想した展開は無かった。

って加賀美クン、‘Bistro la Salle’のバイトはどうしたのよ。
それでなくても、ひよりちゃんがいないってのに。
(あっ、先週帰ってきたのか?でも・・・・・)

そうだ、蓮華ちゃんにバイトの座も奪われてたんだっけ??


こんなCM見てたら、ステーキ食いたくなったよ。
フォルクスには何度か行ったことあるけど
「どん」って近くにないんだよなぁ。
こんど行ってみよう。

ガタックに会えるかもね。
って、オレはひよりちゃんに会いたい!!!



【閉じる】
銀行の手数料


どこぞやの銀行が
ATMでの引き出し手数料が無料
って、ことをはじめて、
さらに今度は振り込み手数料も(一部)無料になるらしい。

しかし、思うに、
振り込み手数料ってなんで
金額によって違うの?

大手?銀行は「3万」ってところで
線引きがされてるけど・・・・・

「1万円未満」と「それ以上」なら
まだ理解しようと思えばできるんだよね

なぜなら、担当者?が
‘9,999’
って打つのか
‘10,000’
って打つのか
1桁入力桁数が多いんだもん。
だから手数料が多くかかるんだよ!

って言われれば、納得はできんが、理解はできる。

まぁ1万未満の振込みなんて、そんなにニーズが
あるわけ無いだろうから、非難轟々だから
「3万くらいにしとけばいいかっ」
ってことになったんだろう。

さらにATMで振り込むときと窓口で振り込むときにも
手数料は違ってくる。
これは勿論、入力作業を行員に代わって
オレら自らがやっているからその分の
値引きなんだろう。

しかし、昨今の振り込め詐欺とかの影響で
ATMから振り込める限度額が10万までとかなっている。
ってことは、10万以上振り込む場合は
窓口に行かないといけない。
ってことは、手数料が高くなるってことだ。

つまり
3万までと
3万から10万までと
10万以上の
3段階に料金設定があるようなものだ。

まさか便乗して、手数料ふんだくってやろう
ってんじゃないんだろうなぁ・・・・

テレビショッピングとかで
「10万円を切りました!
なんと!!!!
99,800円です!!!!」
ってなときに、
消費税込みだと10万を超えるんだよね。
そんなときは、窓口にいって振込みをせざるを得なくなる。

まぁそんなときに便利なのが
ネット銀行だろうね。
店舗が無くてちょっと不安だけど、
金利が(ちょっぴり)高いとかメリットもあるし。

オレは「ソニー銀行」を使っている。
まぁ他のネット銀行も使っているのだが
なんと、うれしいネタを手に入れたのだ。


それは
「12月20日からセブン銀行ATMが利用可能になります」
ということ。

「もちろん手数料無料です」

ダブルでうれしい。

オレは、ソニー銀行を使うときに、わざわざ遠くの
am/pmに行っていたのだ。

それが近所のセブンイレブンから使えるようになるのだ。

それにキャンペーンとかもやっているようで、
なんとあのプレステ3が当たるとか・・・・
さずがソニー。




ネット銀行初めての方も、ソニー銀行お試しあれ。



【閉じる】
カラーコーディネーター
実は、こんなオレ(どんな?)でも、カラーコーディネーターの資格を持っている。

っても、3級だけであるが・・・

2級も1回受けた事があるのだが、
見事に玉砕した。
まぁ試験前1ヶ月くらいしか、勉強してないし、
市販の本を買って読んだくらいしかしてないもんなぁ。

試験会場は周りを見渡すと
女・女・女・・・・・・
それに萎縮して本来の実力を
発揮できなかったってのもあるかもしれない。

まぁ近々リベンジしてみたいとも思っている。

さて、
あなたの色ってどんな色?
っていうところがあって、
パーソナルカラー、つまり自分に似合う?色の
診断をしてくれるところがあった。

で、実際にやってみた。

結果は

夏色

どちらかというと内向的な性格。
おだやかでおとなしいのですが、芯は強いタイプです。

だって。
確かに・・・・
‘芯が強い’ってのはどうだか、怪しいですが・・・


「春色」は
明るくて快活な性格。
おしゃべりが大好きで好奇心が旺盛な反面、
いろいろなことに興味がありすぎて長続きしないといった一面もあります。

前半は「違うな」って思うが、
後半部分はオレも含まれそうな・・・・・


「秋色」は
しっかり者で人を引っ張っていくリーダータイプ。
落ち着きがあるので、年齢よりも大人っぽく見られます。

これも、前半は否定する。
が、後半はよく言われる。
ってただの老け顔だってことも・・・・・


「冬色」は
最も内向的な性格。
独立心が旺盛で、一人でいることが苦になりません。
控えめにしていても、自然に人から注目を浴びてしまうような
華のある個性的なタイプが多いようです。

いやぁこれは逆に、前半部分はドンピシャなんですが、
後半はまったく当てはまりませんなぁ・・・・

って、つまり、どれに行き当たっても、
半分くらいあっていて、半分くらい違っている。
まぁ診断なんてこんなもんでしょうか?


まぁさて、オレがカラーコーディネーターの資格を取りたいなぁって
思ったのは、実をいうと、暇だったから。
っていうのが、一番の理由です。

会社をやめて、ふらふらしているときに、
なんか面白いことないかなぁって思ったときに、
本屋かなにかで、「色彩検定」っていうのを
みたんです。

もちろん、「カラーコーディネーター」と「色彩検定」ってのは
違うとこが主催している資格検定です。

で、なにげに、願書出して「色彩検定」受けたら受かって、
じゃぁ次は「カラーコーディネーター」だ。
と思って、受けたら、3級は結構楽勝でした。

まぁそのまえに「色彩検定」をやっていたからだという話も・・・・・

webのデザインとかやりたかったから、
色についての勉強をしたかったってのもあるけど、
なんかあんまり感性がないみたいで・・・・・・

オレの好きな色は「オレンジ」
携帯もオレンジにしてるし、
カーテンも、ソファーもいまのところオレンジ系の色です。

明るすぎず、暗すぎず。

そんなことを意識させてくれたのも
カラーコーディネーター」の資格だったのかもね。


【閉じる】
ブラインドタッチ

PC暦は長いんだが、
ブラインドタッチって完全にできないんだよね。

始めたころに、基本をやってなかったんで
そのツケなんだろうけど。

フリーのタイピング練習ソフトとか使ったことも
あるんだけど、
面白いのがあった。

「文章を自分で登録できる」
ってやつ。

もう、そうとう昔に使ってたやつなので
ソフト名もどこで拾ってきたものかも
覚えてないんだが・・・・・

で、ふらふらと調べていたら、
”ゾンビ打 タイピングラリアット”
ってヤツをみつけた。

他にもいろいろあるみたいだけど
「ゾンビ」ってところが・・・・

その昔オレがまだサラリーマンってものを
やっていたときに、同僚が会社のパソコンに入れて
昼休みとかにやっていた。
すっごくヲタクな人だったので
練習ではなくたんなるゲームのひとつとしてやっていた。

それが「ゾンビ」を倒すものだ。

もう随分昔なので、同じ製品かどうか・・・
いやたぶん、絶対違うな。

で、懐かしさもあったのでちょっと拾ってきてみた
zonbie.jpg


いやぁ、我ながら情けない結果。


何回かやったけど、結局1級レベルは取れずじまい。
平均3級かなぁ・・・・・
まぁオレも一般人?と同じってことか。

最後のほうは
「あきらめモード」
とか
「もう限界だ」
とか
オレのいまの心境を入力要求してくる。

なんか、不思議なソフトだった。

でも、ビシバシ、ゾンビをぶっ飛ばすところは

カ・イ・カ・ン!



皆さんも、日ごろの鬱憤を晴らして・・・・
いや、ブラインドタッチの練習してみては?


【閉じる】
WILLCOMの「W-ZERO3」


そろそろ携帯、換えたいなぁって思ってます。
っていうのも、そろそろ電池の寿命が短くなってきたような。

で、MNPもはじまったので、他社の携帯も候補のひとつである。

まぁ、サービス開始直後にこけた、あの会社は保留だが。

さて、今日は、以前から、ちょっと関心のあった、
ウィルコムのあの携帯について思ったことを述べてみよう。

まず見た目。
WILLCOM.jpg

「携帯っていうか、PDAだよね。」

でかいよ~
あれを顔の横にあてて、通話してたら・・・
顔が小さく見えるかもね(ばく)

ちょっとスリムな「W-ZERO3[es]」もあるみたいだが、
WILLCOM[ES].jpg
やっぱ画面が小さいので「W-ZERO3」でしょう。

けどオレはあんまり通話はしないんで、関係ないのだが。

で、オレがよくやるのは、ブログのネタを見つけたときに
メモ書きに携帯を良く使う。

一般的なヤツだと、変換、っていうか入力がすっごく面倒。
とくに「お段」とか5回もキーを押さないといけないのよ。

で、このウィルコムのW-ZERO3なら、PCばりの
キーボードがついているから入力簡単そう。

IEも搭載してるらしいから、そのままブログの更新も思いのまま。

携帯からも、モブログつかえばできるんだけど、
「more」書きとかはできたっけ?

それにここのブログ、投稿アドレスがいきなり変更に
なったりしたこともあったらしく、
そんなんで、はまりたくもないし。

ただ、問題なのは、オレ指太いから、
キーを二つ一緒に押したりしないか・・・・
ってことだけだ。

まぁしかし、結構面白そうな機体だけに、
こんど実物を拝みにいこうと思っている。




ウィルコムストアへはこちらから

レンタルDVD2
オンラインレンタルDVDって浸透してるかと
思ってたんですけど、
コメント見る限り、まだ手をつけてない方がいらっしゃるようですね。

月2000円くらいで借り放題なので、
お店で借りるといま、いくらくらいするのかは知らないけど
300円?400円?くらい。
であれば、5~7枚くらい借りれれば、
もとは取れます。
もし、延滞が発生しても料金かかりませんし。
っていうか、延滞っていう概念がない。

ただ、次のソフトが借りれないだけ。

いくつかサービスやっているところあるみたいだけど、





どうですか?
お試し期間とかもありますので。
レンタルDVD

皆さん、休日でお暇なときって
何してます?

オレはDVDなんかを見て過ごすこともあります。

最近は、お店に行かなくても
インターネットを通じて予約し、
自宅まで配達もしてくれる。
返却の時は、普通の郵便みたいに
ポストに投函すればOKってのありますよね。

オレも、そのサービスを使っています。

で、見終わったので、返却しようと、
散歩がてらにポストに投函しようと思っていたのだが・・・・


DVDをコートのポケットに入れて、
一番近くの、よく使うポストを素通り。

電器量販店に寄ったときに、
ポケットに手を入れたら、
「あっ」
と、気がつくも、近くにポストはあらず。

また、帰り道にあるさっ

と思いつつ、帰り着いてみると・・・・・

やっぱりポケットの中に入ったままでした。

寒いので、また出かけるのは億劫・・・・
というわけで、明日の朝、一番にポストに返却予定。

はたして覚えていられるかどうか・・・・・

コメントの中に
「飛天」おもしろそう。
ってご意見がありましたが・・・・・

まぁ確かにゲームとしては面白いかもね。
(オレは決して、ゲーム会社の回し者ではありません)

従来の家庭用ゲーム機のゲームとは違って
他の人とチャットなどのコミュニケーションを
したりできるし、

別に敵を倒したくなければ、狩りに出かけることもないし

まぁその分楽しさは半減するかもしれないけど。

ある程度レベルが上がったら、
空を飛ぶこともできるようになるので、
それで、世界旅行?ってので、
楽しみも倍増するし。

あえて、つまらない?ところといえば
レベル上げに時間がかかりすぎ
まぁ高レベルになればなるだけ仕方ないんだろうけど。

それから、礼儀知らずに出くわしたとき。
(城に帰りたいから)
「殺して~」
っていきなり来るやつとか。
キモイって。


それと、現実逃避で一人の世界に入りたいときに
ゲームをやってるときに
チャットで相手しないといけないとき
「うぜぇ」
って思うけど、そうも感情を前面に出すこともできないしね。



ここでオレが書いている物語は
若干、ゲーム内の要素を取り入れているが
出来事としては、オレの想像が主なので
これを‘面白い’って思ってくれてるのなら
オレとしては満足です。


飛天のサイト
https://domo.gamania.co.jp/

現在「友達紹介キャンペーン」ってのをやっているので、
オレの紹介でよければ、ご連絡ください。

紹介したオレにもアイテムのご褒美があるので、
ぜひとも。

【閉じる】
パブロン
「熱・・・あら大変。
出張代われないの?」

と、荷物を詰めながら
洗面所?にいる旦那にたずねる。

「だったらパブロンね」

う~ん、気が利く奥さんね。

でもさぁ。




‘だったら’

って、出張に行かないのなら
パブロンを出さないのかぃ。



【閉じる】
お弁当に便利

「このきんぴら、チンしないでいれるの?」

ニッスイの冷凍食品のCM

最近お弁当用の冷凍食品は
電子レンジで加熱せずに、
そのまま、弁当箱に入れておけば
昼ごろには、ちょうど良い具合になっているという。

朝、いそがしい、お母様方にとっては
楽なことだろう。

しかし、思うのだ。




子供の弁当ぐらい、手抜きせずに作ってやれよ!

って、意見もあるし、
オレもそう思うが、

オレは、もちょっと違う観点から
見てみることにする。

昼飯ごろに、食べごろになっているわけであるから、

早弁

が、できないではないか!!!!!

学生時代を思い出してみて欲しい。
2時間目とか3時間目になると
どうしてもおなかがすく。
そこで、授業中に教師の目を盗んで
弁当を食べる!!
ってことができなくなるのだ。

今の子供は朝めしをあまり食べないようなので、
これは大打撃になると思うのだ。

メーカーさん、
2時間くらいで食べごろになる
「早弁に便利!」
って商品を売り出してみては・・・・・・・


【閉じる】
飛天story 第8話
これはオンラインゲーム、飛天onlineでの、某キャラクターの独り言(物語)である。

この物語は飛天onlineの中で実際に起こった出来事、
もしくはオレの頭の中で作り出した出来事
その両方を組み合わせてつくった、架空の物語である。

「いつまでつづくの?」って聞かれてましたが、
オレにもわかりません・・・・


その後、熊はどうなったかというと、
あの男の手元に置いておいては、
‘可哀想だ’
ということで、姐さんが連れてきてしまった。

しばらくして、あの男が息を吹き返したのだろう。

「オレ様の熊を返しやがれ!!」
と露店に怒鳴り込みに来た。

オイラがにらみを聞かせると、怒気は引っ込めるものの
返せ、返せとうるさく言ってくる。

「もう虐待はしないか?」
と問うが、
「オレ様の所有物をオレ様がどう扱おうと、他人の指図は受けない」
の一点張りだ。

そこでオイラは考えた。
一番良いと思った方法は、オイラが買い取ることだと思った。

「いくらなら、売る?」

オイラは男に聞いた。
男は少し考えて

「30000・・・・いや、5万!!」

オイラにはそれが安いのか高いのかわからない。
しかし、これ以上ことを大きくして、姐さんの露店の商売に
なにか影響があったら困る、と思ったので、
いい値で買い取ることにした。

「いくらなんでも高いんじゃないの?」
どこに居たのか、あのヤブ医者が口を挟んできた。

「だったら、売らねぇだけよ。
あいつが、‘ど~しても’欲しいっていうから、
仕方なく手放すんだ。」

オイラは、姐さんに預けておいたお金を男に渡した。
男はいかにも、うはうは顔でその場を後にした。

「相場の、10倍以上だな。
だが、よくお前、それだけも貯めてたなぁ。」

実はかなり足りなかったみたいなのだ。
だが、やさしい姐さんは自分がきっかけで
この騒動がおきていることもあったのか
足りない分を出してくれていたのだ。

姐さんはそのお金は要らないという。
オイラもそういう姐さんに無理に、受け取ってもらうわけにはいかない。

そうだ、いままで以上にいいもの獲ってきて、
姐さんに渡して、それで、お店に貢献すればいいんだ。

そう思うことにしたのだった。




【閉じる】
飛天story 第7話
これはオンラインゲーム、飛天onlineでの、某キャラクターの独り言(物語)である。

この物語は飛天onlineの中で実際に起こった出来事、
もしくはオレの頭の中で作り出した出来事
その両方を組み合わせてつくった、架空の物語である。

ある日、オイラは姐さんの露店の開店準備を手伝っていた。
すると広場の一角に人だかりができていた。

気になって、オイラたちはその場所に行ってみることにした。

群衆群がるその真ん中に、一人の男と動物?がいた。
男は鞭を振り上げ、動物にむかって、なんども振り下ろしていた。

「なんで、おめぇなんだよ。
オレ様は本来、巫女の妖精が欲しかったんだ。
てめぇと同属の熊でもピンクのヤツの方が
良かったんだよ。
高く売れるしなぁ。」

まわりの群集はだれも止めに入ろうとはしない。
だれも関わりあいたくないようである。
遠巻きに様子を見ながら、口々に
「かわいそう・・・・」
と、だけ言っている。

「やめなさい、動物虐待はいけないのよ。」

この行為を見かねた姐さんが、男に向かっていった。
男は、鞭振るう手を止めて、声のした方を
そう、姐さんの方をジロリとにらんだのだ。

「なに、言ってんだ。
こいつはオレ様が大枚はたいて買ったんだ。
他人にどうこういわれる筋合いはねぇんだよ。」

そういって、また鞭振るう。

「やめなさいって。」

そういうと、姐さんはかばうように熊と男の間に割って入った。

そして、また鞭が。
偶然か?、あえてはずしたのか?
鞭は鋭い軌道を描いて、姐さんのすぐ脇をかすめた。
かすめただけで、当たってはいない。

「邪魔すると、おめぇもただじゃすまねぇぞ。」

男はまた、鞭を上段に構えた。
そして、振り下ろす。
今度は、鞭の軌道は、姐さんへの直撃コースをとっていた。

姐さんは、目をつむり、顔を背けた。

ぴしっ!!!!

乾いた音があたりに響いた。
姐さんはゆっくりと目を開けて前を向いた。

もちろん、このシチュエーション、オイラがだまって見ているはずも無く、
姐さんに向かって振り下ろされた鞭の先をオイラがむんずと
掴み取ったのである。
当然、姐さんへの被害はない。

オイラは無言で男を睨み返した。
男はオイラの形相に恐れをなしたのか、

「て、てめぇ。は、はなし、やがれ。」

すこし口ごもりながらも、
鞭を必死で引き戻そうとしている。
男が何度引いても、鞭はびくともしない。
力比べなら、どうやらオイラに分がありそうである。
もう一度男が言った

「は、は、離しやがれ。」

その言葉に逆らい、オイラは、少しだけ力を入れて引いた。
すると男はさらに引き戻そうとする力を強めた。
その瞬間。
オイラは鞭から手を離した。
案の定、男は、勢い良く後ろへと倒れこんで、
運悪く、頭を強打。
そのまま、失神してしまった。

群集からは拍手が沸き起こった。
オイラたちは英雄扱いを受けることになった。
そして、そのまま仰向けに倒れて泡を吹いている男を残して、
三々五々、解散したのだった。




【閉じる】
朝ごはん、ちゃんと飲んでる

オレの好みでない、・・・・がやっている
某カップスープのCMである。


シチュエーションとしては
(おそらく)
ヤカンを火にかけ、
お湯が沸くまでの間
(もう一度?)
布団にもぐって待っているのだろう。

すっげー危ないよな。

なんらかの不具合?で
火が消え、ガスが漏れたり、

燃えやすいものが
火の近くに飛んできたり、

火のそばを離れるな
とはいわないが、
ときどき見るべきではないだろうか?

いまどき
ガスでお湯を沸かすより
電器ポットで沸かしたほうが
安全だと思うし・・・・・




冒頭で、出演者の名前を記載していないのは
ある理由がある。

いやぁ、ど忘れして、名前が出てこなかったのよ。

興味ないとそんなもんかねぇ・・・・・

記事を書いてる途中で
ふと思い出したので、

長澤まさみ

って娘ですなぁ。



【閉じる】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。