プロフィール

ガウンランド

Author:ガウンランド

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンクについて

このブログをリンクに追加する

↑と、しているので、もちろんリンクフリーです。
こんなブログでよければご自由にお貼りください。

また、「トラバしてもいいですか?」ってな問い合わせもあるのですが、コレも気にせずおこなってください。
ただしこちらで判断して消す場合もあります。
「言及リンクを含まないトラックバック制限」してありますので、あしからず。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

航海日誌
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
飛天story 第14話
これはオンラインゲーム、飛天onlineでの、某キャラクターの独り言(物語)である。

この物語は飛天onlineの中で実際に起こった出来事、
もしくはオレの頭の中で作り出した出来事
その両方を組み合わせてつくった、架空の物語である。

一難去って、また一難。
さて、あやさんの運命はどうなるのでしょう・・・・・


しかしまともに一撃を食らっているわけではなかった。
宙で体を回転させて、なんとか着地に成功していた。

姐さんとしずかさんが、そのそばに走りよってきた。

「あちゃ・・・・やっぱ、俄仕込みの剣では役に立ちませんか・・・」

そうだ、あやさんの武器は、あの全身凶器だ。
しかし、いつもの装備のグラブを持っていない。
放り出した荷物の中にでも入っているのだろうが
今はそれを探している余裕などもないのが現実である。

「こいつ、強敵だよ。
複数いたらアウトだね。
まぁ一匹でもかなりヤバイかも。」
「しずかの足止めも効かないみたいだし。」
「どうします。」
「まっ、とりあえず、援護して。
相手の注意をそらしてね。」

あやさんはそう言うと、その場にじっと立ったまま
なにやらつぶやき始めた。
それを合図に、姐さんとしずかさんは、左右に散って、
派手な攻撃を始めた。

「火炎球(ファイアー・ボール)」

しずかさんはその名のとおりの炎の呪文。
そして、姐さんは、矢筒についている
ポケットの中から、カードを2枚チョイスして
弓にセットした。

‘トルネード’‘チョップ’
「スピニングウェーブ!」

姐さんとしずかさん、二人の連続攻撃を受けても、
一つ目はたじろぎもせずに
眼前のあやさんにじりじりと迫っていった。

「霊王結魔弾(ヴィスファランク)」

あやさんの呪文詠唱が終わった。
しかし、なんの攻撃も行われない。

が、よく見ると、あやさんの両の拳が
淡く光を放っている。
敵を攻撃する呪文ではなく、自らに術を施し
その効果は、光の拳を生み出すもの。

あやさんが拳の構えに入る。

「廬山昇竜覇!!」

そして、あの奥義が炸裂する。

しかし、オイラには一つ目の口元が不敵に微笑んだかに見えた。

たしかにあやさんの奥義は完璧だった。
その証拠に一つ目は、あの巨大な図体を宙に浮かせ
そして、後ろに倒れこんだ。

だが、あやさんも大きな一撃、
つまり所謂カウンターを食らってしまった。
先ほどのように、かわすことができなかった。
放った技の大きさもあるのだろう。
防御に対して無防備になってしまっていたところを
衝かれてしまった。

受身の姿勢もとれずに、そのまま地面に
たたきつけられてしまった。

駆け寄ろうとする、姐さんとしずかさんだが、
まだ一つ目が完全に倒れたわけではなく、
起き上がろうとしているのをみて、
攻撃に移った。

‘トルネード’‘ドリル’
「スピニングアタック!」

「炎裂砲(ヴァイス・フレア)」

しずかさんの放ったのは強烈な火炎の術である。
その中でも一つ目は、一歩一歩こちらに近寄ってくる。
二歩、三歩。
そして、その次の一歩は進めずに
バタリと倒れた。

それを確認した、姐さんとしずかさんは
急いで、地面に横たわるあやさんのそばに
走りよった。

「あや、あやっ!」

その呼びかけに、あやさんは反応しない。

『治癒(リカバリィ)』

姐さんとしずかさん、二人がかりで回復呪文の詠唱を始めた。
こうなっては、パーティーは完全に無防備である。

その背後から、近くに沸いたモンスターがしずかさんを襲うのだった。



【閉じる】
スポンサーサイト
スポンサーサイト
//-->
飛天story 第13話
これはオンラインゲーム、飛天onlineでの、某キャラクターの独り言(物語)である。

この物語は飛天onlineの中で実際に起こった出来事、
もしくはオレの頭の中で作り出した出来事
その両方を組み合わせてつくった、架空の物語である。


いろんな技が登場していきますが
その技名はあくまで雰囲気なので・・・・


姐さんたち一行は、大きな街道を外れて、
人のあまり踏み込みそうもない
山道に入っていた。

オイラは気がつかれないように、
できる限り距離をあけて、
人跡未踏のヤブの中を歩いていた。

やはりこの先には「秘湯」があるに違いない。

そんなことばかり想像しているオイラだったので、
不覚にも判断が一瞬遅れてしまったのだ。

オイラの前方を歩いていた、姐さんたちが
立ち止まったことがすぐに察知できなかった。

姐さんたちはあたりを注意深く様子を見ている。

「まずい、後をつけてるのが、バレたか・・・・」

オイラはそう思ったのだった。
しかし、事態はもっと深刻だった。


「鳥のさえずりが聞こえなくなったよ。」
「まずいみたいね。」
「どのくらいの数?」

姐さんたちは、あたりを警戒しながらつぶやき合うと
それぞれが、戦闘態勢に移行した。

あやさんは、腰に帯びた剣をするりと抜き身にし、
しずかさんは、杖を構えて、いつでも呪文を唱えられる体勢を、
そして、姐さんは、矢筒から幾本か矢を抜き取り
弓につがえた。

「来るっ」

一番先に攻撃を開始したのは、姐さんだった。
その放った矢に続いて、しずかさんの呪文が炸裂。
間髪いれずに、あやさんの剣が舞った。

簡単に一匹目。

そして、次々と確実にモンスターを屠っていった。

しかし、敵の数は衰えるどころか、どんどんと
増殖していくようだ。

何匹目かを倒したときだった。
それまでとは違うヤツが森の中から姿を現した。

巨体で、顔の真ん中に目がひとつだけのヤツ。
手には巨大でトゲトゲしい棍棒を持っている。

その姿に一瞬、膠着状態になった。


「霊氷陣(デモナ・クリスタル)!」

しずかさんの放った呪文が、一つ目の体を徐々に
氷の中に閉じ込めていった。

まさに全身が凍る直前に

‘パリ~ン’

もろくもガラスのように、表面を覆っていた氷の結晶が
砕け散ったのだ。

一つ目はたいしたダメージもない。

「必殺必中、ライジングアロー!!」

次は姐さんが思いっきり弓を引き絞って
渾身の力を込めた一矢が一つ目の体に突き刺さった。

しかし、これでもたいしたダメージにならないようだ。

あやさんが挑む。
剣を一度上段に構え、腰までおとし、横に一閃。
すると剣先から、雷光がほとばしった。

「超電磁ボール!!」

そのままあやさんは一つ目に突進していき
眼前で上空へ舞った。

「必殺、Vの字斬・・・・」

剣が一つ目の肩口に深々と突き刺さった。
しかし、それ以上動かない。

その一瞬あやさんの動きの止まった
まさにその一瞬に、一つ目の強烈な一撃が
あやさんを襲った。

剣はあやさんの手から抜け、
一つ目の一撃であやさんの体は宙を舞った。

「あや!」
「あやさん!」

姐さんとしずかさんの声がハモった。




【閉じる】
飛天story 第12話
これはオンラインゲーム、飛天onlineでの、某キャラクターの独り言(物語)である。

この物語は飛天onlineの中で実際に起こった出来事、
もしくはオレの頭の中で作り出した出来事
その両方を組み合わせてつくった、架空の物語である。

久々の小説?である。
待ち望んでいた方・・・・・いねぇよなぁ。

でも、作ったので、読んでみてください。



そう、オイラは傭兵修行のために日々がんばっていた。
日々、精進し、モンスターをぶちのめし・・・・・

ってなこともあり、オイラは長陽城にあまり帰らない日々が続いていた。

野宿の時もあったり、近くの村で宿をとることもあった。

そう!!
もう、何日も姐さんにあってないのだ。

もしかしたら、姐さん、寂しがって・・・・・・
いや、そんなことはないだろう。

オイラは一日も早く強くなって、
姐さんをエスコートできるようになるんだ!!


その日オイラは、鶏肉の出汁の効いた、ごぼうとレンコンの歯ごたえが
シャキシャキした、おむすびをほおばっていた。
宿のちかくの弁当屋で買った、昼飯だった。
(いや、これは決して、現実世界の模写ではない・・)

オイラが昼飯を終わって、お茶でもすすろうと思っていたときだ。
茶柱が一瞬立ったかと思ったが、
すぐにスーッと沈んでいった。
これから先、良い事が起こるのか、それとも波乱の幕開けか・・・・

そんなときに、話し声が聞こえてきたのだ。
内容は何てことない雑談なのだが、
聞き覚えのある声だった。

オイラの休憩している岩場は、街道から少し
引っ込んだところにあり、開けたところからは見えにくい
場所だった。
これも、急にモンスターに襲われないための
用心で選んだ場所なのだ。

声のした方をチラッと見ると、
やはり声の主は知っている人たちだ。

あやさん、しずかさん、そして姐さんだ。

「3人そろってどこに行くのだろう?」

なんだか楽しそうな雰囲気である。

もしかして!!

この先に「秘湯」なんかがあったりして・・・・・
この辺は近くに火山もあったりするみたいだし。

オイラはよからぬことを想像してしまった。

これは、こっそりと後をつけて・・・・・
いや、影からお守りしなければ!!

と、勝手な理屈をつけて、
うしろから、こっそりと、バレないように
後をつけることにした。

決してストーカーをやろうというわけではないことは
読者諸君にはわかっていただきたい。



【閉じる】
充電池
電池に関して
いろいろなご意見ありがとうございます。

入れっぱなしにしないほうが
というのがありましたが
テレビやビデオ、DVDのリモコンや時計に関しては
無理ということで勘弁願いたいです。

また、充電池の使用をご提案いただいていましたが

ひとつだけ疑問があるのだ。

充電池を使っているという人はご承知だと思うのだが
あれって電圧1.2Vですよね。

普通、アルカリなどの乾電池は1.5Vなはずですが
どうもオレの感覚では

へたった電池

っていう印象なんですよね。

元々乾電池で動かすものって
1.5Vの電圧を想定して作られていて
まぁ許容で多少低い電圧でも動くんでしょうが

この差の0.3V分、寿命が短くなるんですよね。
その分、充電して使えということかもしれないんですけど

それと、こんなに低い電圧で使っていて
機器になんか悪いことないんでしょうか
とかも思ってしまう。


実をいうと
オレも充電池を持っているんだが
それはデジカメ用に買ったのである。

が、使っていると、すぐに息切れしてしまう。

もっとも、機種が古いので電力食いすぎる
というのもあるのかもしれないのだが

へたしたら、充電直後だというのに
一枚も撮影出来ないということもあったり

そんなに何百回も使ってないのにだよ

電圧の低さというのがネックになっているのは間違いないと思っている。




【閉じる】
目覚まし時計
久々に目覚まし時計のアラームをセットした。
いつもは使ってないのである。
携帯のアラームで十分なのであるし、
万が一それで起きれなくても、たいしたことではないし・・・

が、今回は公共の交通機関の時間もあることだし
遅れることは命取りにもなりかねない。
(大げさだが・・・)

そこで、久々に使うということで
一応、ちゃんと機能するのかどうか試してみた。

アラームがならない。

時計としてはちゃんと動いているので、
電池がないってことはないのだが・・・
ヘタって、アラームを鳴らすパワーがないのか?

そう思って、電池ボックスを開けてみた。

開けてびっくり!!


液漏れ?してる。

オレの持っている時計は単3乾電池4本を使うものである。
そのうちの1本がやられているのだ。

なんで、単なる目覚まし時計に電池が4本もいるのだ!!
って思うのだが・・・・・
実はこの目覚まし、特殊?な機能がついていて
しゃべるのだ。
というか、自分で録音した音声などを
目覚ましのアラームとして使う事ができるのタイプなのだ。

で、オレがつかってるのは、
某娘。のなかの、今は無き、Kごちゃん。
「おにいちゃん!」
って、やさしく声をかけてくれるのだ・・・・

まぁそんなことはどうでもいい。

しょうがないので、全部はずして、
ボックス内部をキレイにふいて
新しい電池をセットした。

すると、アラームが復活した。
よかったよかった。


オレはケチ?なので、普段電池は
某100円均一の店で買っている。

この目覚まし時計をはじめ
テレビやビデオのリモコンなども
これらの電池を使っている。

で、よく・・・というか、
しばらく(半年とか1年とか)使っていて
ふとふたを開けると、液漏れしているのを
よく見かける。

100均のやつってやっぱダメダメなの?
メーカー品ってのはここ最近、
めったに買わないのであるが・・・・

メーカー品使ってる人どう?
液漏れってない??

100均の電池使ってる人どう?
寿命も短くなくない??



【閉じる】
ゆず嫌い


ゆず嫌いの方がいらっしゃってなによりです。

美食家?の人はよく
「ゆずの風味がきいていて・・・」
なんてことを言いますが、

それって、

ゆずの香りで素材本来の
香りまで消してませんか?

と、問いたくなる。

基本、オレはゆず風味なものは
食の中から排除しているのであるが、
思わぬところに落とし穴があるものである。

それは以前、友人と飲みに行った時のこと。

「鉄鍋餃子」を注文したのだ。

すると、タレがゆず風味なのである。

う~ん、餃子の中に入ってなくてよかった・・・・・

ドレッシングとかたれの類はよく
ゆず風味があるので、注意しなくてはならないのである。


胡瓜
「胡瓜」
読めます?
「きゅうり」です。

まっ、簡単ですね。

オレもオヤジくさくなっていっているのか
スーパーに行ったら漬物コーナーを
見るようになった。

たくあんとかが一般的なのだろうが、
あの黄色、ウコンの色というのがわかっているものの
なんだか抵抗がある。

白菜漬けとかも良いのであるが、
ちゃんと見ないと
「ゆず風味」
と、オレがもっとも苦手としているものである。

そこでよく買うのが
きゅうりのキューちゃん


パッケージも一新されたらしいのだが、
そんなことはぜんぜん気がつきませんでした。



以前は格闘家の角田信朗氏がCMをやっていたのだが、
きゅーりのキューちゃんを食べたからといって
あの筋骨隆々にはならんだろうなぁ・・・・

最近は山口もえちゃんがやっているらしい。
「萌え~」とはいかないかもしれないけど
でもオレはあの雰囲気は好きである。


漬物食べたからって日ごろの野菜不足が補えるわけではないが、
箸休めにぴったりということで、
このあと買い物にいって買ってこよ~。
メガマック
マクドのメガマックというヤツ
一度は食べてみたいと思うのであるが・・・・・・

単品で350円らしい。

バンズ
 肉
 肉
レタス
バンズ
 肉
 肉
チーズ
レタス
バンズ

という重なりをしているようである。
途中でオニオンとかピクルスとかマヨネーズとかは
あると思うがそれはちょっと省略。


数を数えてみると

バンズx3
肉x4
チーズx1
(レタスx2)

これを覚えておいてください。

次に・・・


マクドの
いわゆるハンバーグは

バンズ
 肉
バンズ

である。

ちなみにチーズバーガーは

バンズ
チーズ
 肉
バンズ

である。


ハンバーガーx3

チーズバーガーx1
を注文すると

バンズx8
肉x4
チーズx1

先のメガマックより
レタスは確かにないのであるが、
肉とチーズの数は同じであり
バンズは倍以上である。

ハンバーガーの価格は80円
チーズバーガーは100円
つまり
80x3+100=340円

メガマックの350円より10円も安いのである。

メガマックたのむより
ハンバーガー3とチーズバーガー1を
たのんだほうが得である。
バンズが5つも多いし。

4つ重ねて

ギガマック

として食べたほうが・・・・・・・


【閉じる】
だれもいないのね・・・・

100万円ネタ、好評ですね。
みなさんコメありぃです。

さて、温泉旅行同伴者を募っていたわけですが
やっぱ誰も相手にしてくれないですね。

まっ、冗談半分だったんですけど・・・・
(ってことは半分は本気だったと・・・)

3連休みなさんどこかに遊びに行きましたか?
オレは一人家で引篭もってました。

そこそこ天気が良かったのに
どこにも行ってません。

食料の調達に近くのスーパーとか
コンビニとかくらいですかねぇ・・・

まぁなんとさみしい連休の過ごし方。

あぁ、マジで温泉旅行に行きたくなった。
100万円あったら、オレは

なんか沢山の反響?ありがとうございます。

皆さん結構真剣??に考えていただいてくれて。


一番多いのはやっぱ買い物ですかねぇ。

旅行とか貯金とかも、まぁ一般的ですねぇ。

借金返済とかいう方もいらっしゃるようですが、
「ご利用は計画的に」ですね。


留学と答えた方、勉学にがんばってください。
オレは遠い空の下で応援することしかできません。


ところで、オレがもし100万円を手に入れたら。



以前面白い試算?をしてみたことがあった。
それは、オレが欲しいと思ったDVD(含むBOX)を
全部新品価格で合計してみたら、
100万円を超えていた。
というものだった。
実際には買わねぇかなぁとか思うものも
とりあえずぶち込んで計算したのだが・・・・・・・


まぁそんなことはどうでも良いのだが。

オレは100万円あったら、
温泉旅行にでも行って、残りは貯金かなぁ・・・・・

なんとも無難な答えでした。


だれかオレと温泉旅行に一緒に行ってくれる人いませんか?
あっ、もちろん費用は割り勘で。
(もしくは、おごって!!)
当然、独身女性限定です。


【閉じる】
100万円あったら、

あなたは何をしますか?

宝石や貴金属を買いますか?
ブランド品のバックや洋服、時計などにつぎ込みますか?

それとも、薄型の大画面液晶テレビなどの電化製品の買い替えを検討しますか?

オレは、ブランド品や貴金属なんてものには
ほとんど興味ないし

地デジ対応のテレビやDVDレコーダーはまだ、持ってないのだが
いますぐ必要性を感じないし
今のやつも使えるし
まだあまり早く買うべきではないとさえ思っているのである。

さて、皆さん。

あなたは100万円を手にしました。
あなたならこのお金、何に使いますか?
コカ・コーラって
自販機のコカ・コーラ
普通350mlの缶で120円
500mlのペットボトルで150円
だと思う

ある自販機(うちの近く)では、
これに加えて400mlの缶(蓋が閉められるヤツ)が130円で
売られていた。

ここまでなら、なんとなく、飲みたい量を
利用者が決められる配慮をしているのだろうと思うのである。

しかし、この自販機ではもう1種類ある。

なんと500mlの缶(プルトップ型のヤツ)が120円で
並んでいるのである。

缶には
「おいしさ+(プラス)150ml」
と、書いてある。

コレを買ったので、ネタにしようと思いついたわけだが・・・・

これは本当にコカ・コーラが150ml、プラスされているのか?
単に水を上乗せ(うすめて)いるだけなのか??

350mlで120円(缶)
500mlで150円(ペット)
そして
500mlで120円(缶)
果たして利用者はどれを買うんだろう。

もちろん売り切れの場合は、運が悪かったとあきらめるしか
ないのであろうが、そうでない場合は、見るも明らかではないだろうか??

まぁ持ち運びを重視するなら、ペットボトルなどの蓋が閉められる
方が良いとは思うが・・・・・・・・






ちなみに
350ml・120円は0.34円/ml
500ml・120円は0.24円/ml
500ml・150円は0.30円/ml
400ml・130円は0.32円/ml
である。
この結果、
缶500mlが一番コストパフォーマンスが良い
次にペットボトルタイプである。
そして一番損するのは350ml缶であることが証明された。

なぜにこんな価格設定を・・・・・・・・・・・


【閉じる】
コカコーラ
コカコーラのCM。
実はまだこのCM、1回しか見たことが無い。
もう一回見てから、ネタにしようと思っていたのだが、
なかなかチャンスに恵まれず
仕方なく、うろおぼえ?な状態で書いていくことにする。

このCMは自販機に男性がコインを入れるところから始まる。
すると自販機の中が、妖精?ロボット?の世界になっていて
そこに住む?住人の妖精?ロボット?怪物???たちが、
1.‘コーラの瓶’をセット
2.中身のコーラを注入
3.蓋をして
4.冷やし
そして、
5.出荷?される
という、なかなか手の込んだCG?で描かれている。

しかし、もっとこだわってほしかったのである。

それは何故かというと、




CGの世界では、‘ビン’を使っている(と思う)のだが、
最後に現実の世界で、出てきたコーラは

ペットボトル

なのである。
現実的には、そうなのであろうが、

最後まで‘びん’ということを通してほしかった。

もうちょっとこだわりともって作ってください。


【閉じる】
座る派
いやぁ、何人かの方、ご意見ありがとうございます。

なんのことかって、
昨日のネタのことですよ。

男は用を足すときに、立つか座るか?

圧倒的に、というかほぼ、座る派の人ですね。
(旦那様に強制してるってのもありましたが・・・)

実は、オレも座る派です。

他にも同じ派の人がいてよかったです。

実家にいるときはあんまり気にならなかったのですが。

もちろんターゲットロストしたときは、
都度、お掃除してましたが、
その他?飛び散りに関しては、無頓着でした。

しかし、一人暮らしをするようになって、

「便所掃除も大変だなぁ」

と、思って、座る派に変わったんですよね。


まぁコメントにもあったように、便器と便座の隙間から
誤発射というのもありますし、
早朝?元気なときなどは苦労もします。
(そこっ想像しない!!)


それともうひとつコメントに、


> 息子には、どっちでさせたら

というのがありましたが、
オレが聞いていたラジオで言っていたことなのですが、

「子供のうちは立ってさせるべきである」

と、専門家?が言っていました。

自我?が無い(目覚めない??)うちは
男女の違いを明確にさせないといけない。
男は立つ
女は座る
ということをきちんと解らせないといけない。

みたいなことを言っていました。

オレは専門家ではないので、詳しくは知りませんが、
ご参考まで。


【閉じる】
立つか座るか
ちょっと前になるのだが

ラジオで

男性は用を足すときに
従来通りに立ってするのか?
それとも大のときみたく座ってするのか?

というのをネタにトークをしていた。

さて、世の男性諸君。
あなたはどっちですか?



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。