プロフィール

ガウンランド

Author:ガウンランド

最近の記事

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンクについて

このブログをリンクに追加する

↑と、しているので、もちろんリンクフリーです。
こんなブログでよければご自由にお貼りください。

また、「トラバしてもいいですか?」ってな問い合わせもあるのですが、コレも気にせずおこなってください。
ただしこちらで判断して消す場合もあります。
「言及リンクを含まないトラックバック制限」してありますので、あしからず。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

航海日誌
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
積水ハウス

「バスルームから家を考える」
というキャッチでやっているCMである。


子供が風呂場で泣いている
やつである。

めずらしく?父親が子供のことを心配しているのだが
母親は「いいからいいから」と
わかった風なことを言っている。

いやぁ昨今の現状を考えると
子供がいじめられて帰ってきて
風呂場で泣いてるのに
親は見てみぬふりを・・・・

で、悲惨な状態になってから

「子供はなにも話してくれなかった・・・」

ってことにならないように。

この記事に対するコメント
はじめまして
訪問履歴からお邪魔しました。
はじめまして(^-^)
あまりCMについて考えたことがなかったんですが、確かに子供が1人で泣くっていうのは、悩んでいたり決して嬉しいことではないですよね~。
1人になれる場所があると宣伝したかったのか不明ですけど、
話は聞いてあげて欲しいものですよね(^^;
何だか、現代の家族を垣間見た気がしました。
こんな世の中だからこそ自立心も大事ですけど、子供のうちに愛情たくさん注いで欲しいなあと思ったりしました。
長文すみませんでした(^^;
【2007/03/22 15:44】 URL | ふう #3aocipEI [ 編集]


履歴からおじゃまです 旅客船ですか・・・ 船いいですね 私 海 船 好きなんですよね 去年の夏に 船の免許とりました えへへ  えらいことじゃ ないけど いい写真みせたもらった感想です じゃ また
 
【2007/03/22 15:55】 URL | ま #- [ 編集]


履歴より伺いました。ご訪問ありがとございます。
小学1年のとき、自分がいじめらて泣きながら帰ってきたら「甘えるな!」と親に怒られましたっけ。
当時は、なんと酷い親だろうと思ってましたが。今はそうでもないかな。
【2007/03/22 18:44】 URL | あるま じろー #- [ 編集]


履歴からの訪問っス。
CMに対しての感想が面白いですね(笑
私はいじめられたことはないからよく分からないですが、泣いてるのに放置かよ奥サンっ
とはおもってました。ブログまたきてくださいっっ!!お待ちしとりますv-237
【2007/03/22 20:24】 URL | ぎょっさん #- [ 編集]


あのCMを、そんな風にみたことなかったから新鮮でした。
確かにそういわれてみればそうですね(笑)
でも、だからって「何かあったんじゃないか!?」
とか言って、両親が不安がりすぎるのも、子供にとってもすんごいストレスっぽいですね。。
「ほっといてくれよ!」みたいな。。
CMといえば、カラスが置いてったくるみを避ける車のCMが何だか嫌いで気になります。。
【2007/03/22 20:44】 URL | シュレーゲル #- [ 編集]


はい!見守ります☆

手は離して、目は離さない。
頑張って
何か話がある時は、お風呂とか寝る時とか、
聞いてあげようって
こころがけてます
┏| ̄^ ̄* |┛ガッツポーズ

ヾ(●`・ω・´●)ノ頑張るぞっ!!!
【2007/03/22 21:46】 URL | hiro #- [ 編集]

はじめまして シルビと申します
CM に突込みを入れていました! そんなに甘くないんだぞ!って
鋭い切り口、知ったようなこと言うな! 男じゃなきゃ判らない事だってあるんだぞ!
共感を覚える記事に思わず書いてしまいました。 失礼しました。
【2007/03/22 22:31】 URL | siluby #RS4k0RpE [ 編集]


家族ひとりひとり家の外ではそれぞれの社会を持つので
完全にわかりあうっていうのは難しいものですね。
その子が涙をひとりで流す前、もしくは後に、
どんな形であってもあたたかなフォローがあってほしいなと思いました。
見るだけでなく、見守るっていう感じでしょうか。
自分は子供のころ泣くと「ぐず!」とひとこと母親に言われて育ってきました(苦笑)
私の場合はそれによって子供のころは劣等感が今より強かったです。
他の家族とかのフォローとかがあったので今は変わりましたけど・・・
自分のことを愛情のある目で見てもらうことということで安心感を持てると
心も強くなれるように思います。
話が飛躍してしかも長々と語ってすみませんでした^^

【2007/03/22 23:07】 URL | kokoro #- [ 編集]

親は見てみぬふりを
映画館で子供がトイレにいきたいと声を立てている。
「静かにしなさい」と叱っては、映画を見ながら涙を流している母親。
『ライ麦畑でつかまえて』を思い出しました。
【2007/03/22 23:55】 URL | しゅんちゃん #- [ 編集]


いつもおもしろくて勝手にリンクはっちゃいましたw
積水ハウス…責任重大ですね笑
【2007/03/23 17:08】 URL | kiki #q5SmfmDc [ 編集]

訪問から㌧で来た人
これは酷いCMwww
【2007/03/23 22:10】 URL | 兵庫県民A #JalddpaA [ 編集]


なるほど・・・・あまり考えてなかったですけど。
それもそうなのかなと思います。
でも、私も悲しいときは風呂場で泣いていたので(1人になれるので)気持ち的にわかるかも?
今はシビアに親が干渉したりしますけど、私が子供の頃は先生に叩かれようが、子供同士のイザコザがあろうが親は無関心でした。それでも立派に育ちます。現代のお母さん、ちょっとは見放してみてもいいんじゃない?と思ったりして。
【2007/03/23 22:13】 URL | ハナ #- [ 編集]

あのCM
女の人は“母親”って設定なんだろうけど、随分若い母親だなぁと思って見ていました(^^ゞ
見るところが違いますね(笑
【2007/03/23 23:17】 URL | 楓 #2ik/83us [ 編集]

深いんですね
TVはあまりみないんですが、あれって・・・そういう意味だったんですね
分からなかった。。。。
制服が汚れてると分かるんですが・・・・
【2007/03/24 16:40】 URL | すずめ #KLtzAfy. [ 編集]


履歴からお初です
あの子供の最後の『ふぅー…』
ってゆう大人なため息のが心配です。
彼の将来が…。
【2007/03/24 17:17】 URL | akira223 #0DRq1bCw [ 編集]


初めま∪て(*♥ω♥*)ノ「youna」と申∪ます

訪問【馬路ァリヵ゙㌧ですw☆.。゚+..。゚+..。..゚+..σ(ゝc_,・`。)ゞ】

履歴ヵら、来させてもらィま∪た(⌒~⌒)/ニャパパッ

まだ始めたばっかりなので、分からなィコトもありますが、

どぅぞヨロシクお願ィ∪ます 壁|艸・`●)))+。゚))

またひまなときにゎ遊びに来て下さィ♩♪♬
【2007/03/24 21:23】 URL | youna #- [ 編集]


訪問履歴から来ました♪
あのCMって母親がよく子供のコト考えてるんだなぁと思ってたんですが、
確かに親が見てみぬフリをしてますよね。
  もっと子供がいじめられてどうしようもなくなったら
「いいから いいから!」では すみませんよね。
 CMって良く考えてみていると突っ込み所満載ですね(笑

 いきなりですいませんが、フリーと書いてあったので
       リンク貼らせていただきました!
    でゎ、 またの訪問楽しみに待っています♪       
【2007/03/25 20:13】 URL | 氷狩 #y9N.ba.Q [ 編集]

親の視点でしょうかね?
僕は子供はいないので、そういった見方はしていなかったし、
あまり気になるCMではなかったのですが、
とても面白い視点ですね!
お子さんのいる方とかだと気になるCMだったりするのですかね~?
【2007/03/25 23:10】 URL | washbook #- [ 編集]


このCMはけんかして帰ってきた子だと思ってました。我が子もたまにけんかし半泣きで帰ってきます。「泣きたい時に思いっきり泣ける場所」を作ってあげます。そうして、自分で答えを出していけばいいと思います。そして本人の気持ちが落ち着いた頃、ゆっくり話を聞いてあげます。お父さんは心配でしょうけどね。^^
【2007/04/06 19:31】 URL | みのりん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gaunland.blog69.fc2.com/tb.php/166-1adefe6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。